その他セルフディフェンス・テクニック、武術的トレーニング

 ジークンドーは非常に実戦的であり、殺傷能力は非常に高いです。しかし、相手が刃物を持っていた場合や多人数であった場合、いくらこちらが鍛錬を積んでいようとも現実的に対応が困難な場面は存在します。そのような時、相手を倒す事ばかりが強さではありません。逃げることができる、大切な人を逃がすことができる、このような状況を創り出すのも普段から修行していなければできません。必ずしも相手を倒さなくても良い、自分と大切な人が生き残れること、これが重要なのです。そのためには護身の現場で身を守る実際的な技術の修得だけでなく、心の持ち方を学ぶことや普段からの自分の行動を省みることも重要になってきます。それらも含めて研究しています。

 また、スポーツ格闘技では、ある程度体格が自分と同じような相手と試合が組まれることが普通です。しかし、街中でトラブルにあったとき、あなたに絡んでくる相手はあなたと体格は同じでしょうか?そうとは限りませんよね?

 では、DQNが絡むとしたら、次の内どちらの相手を選ぶケースが多いでしょうか?

  A:自分より弱そうな相手

  B:自分より強そうな相手

答えは火を見るよりも明らかですね!迷うまでもなく、Aのケースの方が圧倒的に多いと簡単に想像できると思います。あなたより体格で勝る相手が、あなたに危害を加えようとすることの方が多いでしょう。あなたより体格で勝る相手は筋力・体力共にあなたより勝っている確率が非常に高いです。そんな筋力・体力の差を埋めるのが、「脱力」です。力任せに来る相手に力で対抗するのではなく、逆に力を抜くのです。「脱力」を体得することが武術の醍醐味なのです。文章では表現不能ですので、詳細はコチラで!